/

英、取締役「最低4割を女性に」 新上場規則を制定

【ロンドン=篠崎健太】英国の金融行為監督機構(FCA)は20日、企業に経営陣の多様性の確保を促す新たな上場規則を制定した。取締役の少なくとも4割を女性とすることなどを求め、達成できなければ理由を説明させる。4月以降に始まる会計年度から英上場企業に適用する。

新たなルールでは会長、最高経営責任者(CEO)、最高財務責任者(CFO)、上級独立取締役の少なくとも1人は女性にしなければならない。取締役の最低1人は白人以外の「エスニック・マイノリティー(人種的少数派)」とする要件も課し、ジェンダーや人種の観点で多様性を深めるよう求める。

罰則はないが未達なら理由を開示させる「コンプライ・オア・エクスプレイン(順守か説明)」の形式を採る。取締役と経営陣について、性別や人種別の構成人数を年次報告書に記載することを義務づける。

FCAは2021年7月に新たなルールの指針案を公表し、市場関係者や産業界の意見を聴取して内容を検討していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン