/

米国務長官「越境なら迅速に厳しく対処」 ロシアに警告

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ベルリン=石川潤】ブリンケン米国務長官は20日、訪問先のベルリンでベーアボック独外相と記者会見し、ロシア軍が国境を越えてウクライナを攻撃すれば「迅速に厳しく対処する」と語った。小規模な侵攻であれば制裁を弱めるとも受け取れる19日のバイデン米大統領の発言を事実上修正し、いかなる侵攻も容認しない姿勢を改めて明確にした。

ロシアはウクライナ国境に10万とされる兵力を集めており、侵攻への警戒が高まっている。ブリンケン氏は和平の糸口を探るため、21日にスイスのジュネーブでロシアのラブロフ外相と会談する。ベルリンではベーアボック氏、ショルツ首相のほか、英仏の高官とも協議し、対ロシアでの米欧の協調を確認した。

ベーアボック氏は会見で「対話こそが危機から抜け出す唯一の道だ」と語った。国境への軍隊の移動やベラルーシとの演習などを念頭に「気がかりな動きがさらに強まっている」と指摘。緊張緩和に向けて一歩踏み出すようにロシア側に求めた。

ドイツはロシアとガスパイプライン(ノルドストリーム2)計画を進めており、稼働中止を求める米国との温度差もかねて指摘されてきた。だが、ロシアの強硬姿勢が強まるにつれ、ドイツ側も侵攻があれば稼働は認められないとの立場に傾いている。ベーアボック氏は「さらにエスカレートすれば、あらゆる手段をとる」と述べた。

ロシアが侵攻した場合、米欧は厳しい経済制裁に踏み切るとみられている。ただ、欧州経済はエネルギー分野などでロシアと密接に絡み合っている。エネルギー価格の高騰でただでさえインフレが勢いづくなかで、ロシアへの制裁は自分の首を絞めかねない難しさがある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チ��ェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ情勢

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン