/

仏ケリング、1~3月21%増収 「グッチ」がけん引

グッチの店舗への入店待ちをする買い物客(3月、米フロリダ州オーランド)=AP

【ウィーン=細川倫太郎】「グッチ」を傘下に持つ高級ブランド大手、仏ケリングが20日発表した2021年1~3月期の売上高は、前年同期比21%増の38億9000万ユーロ(約5000億円)だった。中国を中心にアジア太平洋の販売が急拡大し、新型コロナウイルス禍からの業績回復をけん引した。

全体の6割近くを稼ぐ主力のグッチの売上高は20%増、「イブ・サンローラン」も19%増とそれぞれ大幅増収を達成した。フランソワアンリ・ピノー会長兼最高経営責任者(CEO)は業績について「パンデミック(感染大流行)前の水準を上回った。特にグッチの勢いが素晴らしかった」と説明した。

地域別ではアジア太平洋が83%増と好調が際立つ。中国はいち早く経済が回復し、高級ブランドを買い求める富裕層が多い。北米も46%増えた。一方、変異ウイルスやワクチンの遅れで感染が再流行した西欧は34%減と厳しい状況が続く。ロックダウン(都市封鎖)で小売店が閉店に追い込まれた影響が出た。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン