/

フランス議会、ウイグル人権弾圧「大量虐殺」認定

【パリ=白石透冴】フランス国民議会(下院)は20日、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権弾圧が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」だとする決議案を可決した。拘束力は持たないが、仏政府にも行動を求めた。

仏AFP通信によると、マクロン大統領が率いる与党共和国前進の賛成などでほぼ全会一致で可決した。「中国政府によるウイグル族への暴力が、人道に対する罪であり、ジェノサイドであると公式に認定する」といった内容になっている。

仏政府にもジェノサイドとして認定することを求めたほか、国際社会と協力して、必要な措置を中国政府に対して取るように促した。在仏中国大使館はツイッターで「ジェノサイドなどといった扇動的な批判は、中国を敵視する完全なウソである」などと反論した。

議会に出席していたリステール貿易・誘致担当相は「事実をどう認定するかは政府の役割ではない」と語ったが、中国側と話し合う意向を明らかにした。欧州では人権軽視の疑惑がある中国への警戒感が高まっており、中国と距離を取り台湾と接近する動きが相次いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン