/

この記事は会員限定です

エジプト、米「人権重視」に身構え アラブの春10年

[有料会員限定]

【カイロ=久門武史】エジプトのムバラク独裁政権を倒したデモの発生から25日で10年になる。軍主導の政治体制の復活で、経済は混乱を脱したが統治は抑圧的になった。批判を封殺するシシ政権に「人権重視」のバイデン米大統領は厳しい目を向ける。

「政権批判はタブーになった」。兄の活動家アラア・アブデルファタハ氏が2019年9月のデモで逮捕されたモナ・セイフさんは語る。「(兄がいる)過密な獄中は新型コロナウイル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン