/

UAEがイラン次期大統領に祝意 イスラエルは非難

19日、ライシ師の当選を喜ぶ支持者ら(テヘラン)=ロイター

【テヘラン=木寺もも子】アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子は19日、イラン次期大統領に決まったライシ師へ祝意を伝えた。UAEの国営通信が伝えた。UAEとイランは対立関係にあるが、最近は緊張の緩和を探る動きも見せている。

ライシ師にはロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン大統領ら周辺国の首脳も祝意を表明した。イランが支援するシリアのアサド大統領も続いた。

一方、イランと敵対するイスラエルのベネット新首相は、反体制派の弾圧や処刑に関与したとされるライシ師を「残酷な処刑人」と呼び、イラン核合意の再建に反対する考えを改めて表明した。

UAEはサウジアラビア、米国などとともにイランと対立している。2020年にはUAEがイランの漁船に発砲して乗組員を殺害し、イランがUAEの漁船を拿捕(だほ)する事件も起きた。イランはUAEがイスラエルと国交を樹立したことを激しく非難している。

ただ、新型コロナウイルス対策で協力することで一致するなど、UAEは最近、軍事的な脅威であるイランとの緊張緩和に向けた布石も打っている。伝統的な経済の結びつきも強い。4月にはサウジも水面下でイランとの直接協議を始めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン