/

この記事は会員限定です

ウクライナ、統治の行方 欧州の識者に聞く

ピーター・リケッツ氏/ハンナ・ホプコ氏/ウルリヒ・レヒテ氏

[有料会員限定]

ロシアがウクライナに軍事侵攻して約4カ月がたつ。東部や南部で激しい戦闘が続き、欧州連合(EU)加盟を目指すウクライナを支援する西側諸国の間でも、停戦や戦後統治に関して様々な観測や意見が出ている。欧州の外交担当者らに今後の焦点などを尋ねた。

◇   ◇   ◇

平和的な「分割」はない 元英NATO大使 ピーター・リケッツ氏

ロシア、ウクライナともに完全な勝利を収められず、数カ月は戦闘が続くだろう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン