/

仏諮問機関、アストラゼネカ社ワクチンは「55歳以上に」

仏諮問機関はアストラゼネカワクチンの接種を55歳以上にすべきだと声明を出した=ロイター

【パリ=白石透冴】フランス政府諮問機関の高等保健機構(HAS)は19日、英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて55歳以上の接種を勧めるとの見解を示した。血栓などの症状が出た人がほとんど55歳未満だったことなどを理由とした。

HASによると、16日までに欧州で同社製ワクチンの接種を受けた約2000万人のうち、25人に血栓などの症状が報告された。ほぼ全員が55歳未満で、過半数が女性だったという。HASは「現状の接種は55歳以上が中心となっていることも考慮した」と表明した。

フランスは同社製ワクチンの接種を一時中断していたが、19日から再開している。欧州連合(EU)で医薬品を審査する欧州医薬品庁(EMA)は接種と血栓の因果関係はないと結論づけている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン