/

英最高裁、ウーバーの運転手は従業員と認定 仏に続く

(更新)

【ロンドン=佐竹実】英国の最高裁判所は19日、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズの運転手は従業員だとする判断を示した。ウーバー側は個人事業主だと主張していたが、退けられた。運転手は最低賃金や有給休暇が認められることになり、ウーバーの負担が増す可能性がある。フランスの最高裁も2020年に同様の判決を下している。

労働条件の改善を求める運転手が16年に訴訟を起こし、ウーバーと法廷闘争を続けてきた。英地元紙によると、19日の最高裁では7人の判事が全会一致で運転手側の主張を認めた。最高裁は「運転手は専門的なスキルで経済的地位を向上させることが難しく、ウーバーに従属し、依存している」と指摘した。

ウーバーはロンドンで4万5000人、英国全体では6万人の運転手を抱えている。ウーバーは判決を受け、「少数の運転手に焦点を当てた判決を尊重する。(この数年)我々は病気やけがの際の保険など働きやすい環境を整えており、今後も努力する」とコメントした。

スマートフォンのアプリを通じて料理宅配など単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」の権利を守る動きは世界各地である。

米カリフォルニア州は20年1月に施行した州法で、企業にギグワーカーらを原則従業員として扱うよう求めた。ウーバーは多くの運転手は個人事業主として働くことを望んでいると指摘。11月には住民投票により、一転して個人事業主として認められることになった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン