/

ドイツ、ロックダウンを強化 医療用マスク義務づけ

医療用マスクの着用義務づけを発表したドイツのメルケル首相=ロイター

【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル首相は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、ロックダウン(都市封鎖)を強化すると発表した。商店やレストラン、学校の閉鎖を続けるほか、買い物や公共交通機関で医療用マスクの着用を義務づける。感染力の高い変異種の脅威が高まっており、メルケル首相は「今行動しなければならない」と訴えた。

連邦政府と各州が19日夜(日本時間20日朝)に合意した。ロックダウンの期間はこれまで1月末までとしていたが、少なくとも2月14日まで延長する。

今回の対策の柱がマスク着用義務の強化だ。これまでは繰り返し使える布マスクを使う人が多く、感染抑止の効果が限られているとの指摘があった。今後は店内やバス、電車などに乗る際、米国労働安全衛生研究所の規格「N95」に相当する欧州の規格「FFP2」や、OPマスクと呼ばれる医療用マスクの着用が義務づけられる。

さらに企業には在宅勤務を増やすように促す。在宅勤務は昨年春と比べても十分広がっておらず、電車の混雑などの原因にもなっていた。

ドイツは12月半ばに商店、学校を閉鎖する本格的なロックダウンに踏み切り、1月初めには感染の深刻な地域の住民の移動を半径15キロまでに制限する措置を導入していた。新規感染者数は1日あたり1万人強で、3万人を超えた12月後半に比べると落ち着きを取り戻しつつある。

それでもドイツが次の一手に動いたのは、英国などで変異種が爆発的に広がり、危機感を募らせたためだ。学校の再開を求める声もあったが、変異種は子供にも広がるとされることから、原則閉鎖を続けることにした。

ドイツ政府が重視する人口10万人あたりの7日間累計の感染者数は130人を超える。感染が再び拡大して制御不能となる前に、できるだけ早く目標の50人まで引き下げたいというのがメルケル首相の考えだ。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン