/

この記事は会員限定です

中国・復旦大学を誘致 ハンガリー、対中接近強める 

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎、北京=羽田野主】中欧ハンガリーが中国への接近を強めている。首都ブダペストに復旦大学(上海市)のキャンパスを誘致するほか、新型コロナウイルスの中国製ワクチンの調達も進める。中国からの投資を引き出すのが狙いとみられ、欧州連合(EU)の分断が深まる可能性がある。

EUで中国の大学のキャンパスができるのは初めて。復旦大学は中国の名門大学のひとつ。共産党序列5位の王滬寧(ワン・フーニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン