/

この記事は会員限定です

ドイツ緑の党、産業界との対話重視 対中融和は修正も

連邦議会議員インタビュー

(更新) [有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】ドイツで9月26日に行われる連邦議会選挙(総選挙)で、環境政党の緑の党が躍進するとの見方が強まっている。20%前後の支持率で、保守系与党のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)を追いかけている。政権入りが濃厚といわれる同党はドイツ政治をどう変えるのか。産業政策と外交政策に詳しい2人の連邦議会議員に話を聞いた。

「産業界とはかつてのような対立ではなく、対話を進めている」。産業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン