/

この記事は会員限定です

イスラエル、都市封鎖を緩和 接種証明で移動者選別

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【カイロ=久門武史】世界最速のペースで新型コロナウイルスワクチンの接種が進むイスラエルは21日、昨年12月からのロックダウン(都市封鎖)を緩和した。商業施設などが再開した。政府は接種を完了した人に新たな証明を発行し、一部施設への入場には提示を求める。接種促進を狙うが、接種歴が行動の自由に差をつけるとの懸念が出ている。

同国は昨年12月にワクチン接種を始め、人口の5割が少なくとも1回の接種を済ませた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン