/

英、オミクロン型感染が2日連続で1万人超え

【ロンドン=佐竹実】英保健安全局は19日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染者を新たに1万2133人確認したと発表した。感染力の強いオミクロン型は首都ロンドンなどで増えており、2日連続で1万人を超えた。累計では3万7101人となった。

オミクロン型は重症化率が低いとの指摘もある。英国では1日に9万人規模の感染者が出ているが、入院患者は1月のピークの5分の1、1日の死者は10分の1程度にとどまる。ワクチン接種で重症化しづらくなっているとみられる。だがオミクロン型が広がれば医療関係者が感染して働けなくなり、医療システムが回らなくなることが懸念されている。

ロンドンのカーン市長は18日、「新規入院が増えているだけでなく、医療スタッフの欠員がかなり増えている」として重大事態を宣言した。英政府は年末までに18歳以上のブースター接種(追加接種)を急ぎ、オミクロン型の流行に備えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン