/

この記事は会員限定です

航空の脱炭素で合従連衡、バイオ燃料でエアバスやシェル

(更新) [有料会員限定]

航空客の回復後の競争力を左右するとみて航空機の脱炭素を目指す動きが活発になっている。欧州エアバスや英シェルは19日、再生航空燃料(SAF)の利用拡大に向けた提携をそれぞれ発表した。日本政府も水素燃料の航空機開発などに向け、官民協議会を開催した。世界で主導権争いが激しくなりつつある。

エアバスは19日、オーストラリア航空大手カンタス航空とSAFで共同事業に取り組むと発表した。使っても環境負荷の低い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン