/

この記事は会員限定です

ドイツ高級車、コロナで強まる中国傾斜

独アウディも中国に過半出資の合弁

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】ドイツの高級車大手が中国市場への傾斜を強めている。独メルセデス・ベンツ、独BMW、独アウディの2020年の中国での販売台数はそれぞれ過去最高を更新した。アウディは18日、中国に過半を出資する会社を設立し電気自動車(EV)を生産すると発表。新型コロナウイルスで欧州などが停滞するなかで中国への依存が高まっている。

高級車世界首位のメルセデスの20年の中国販売台数は前の年比1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン