/

タリバン幹部「新政権に民主制はない」 ロイター報道

【アンカラ=木寺もも子】アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバンの幹部は、同国の新政権が民主制にはならないとの見通しを示した。ロイター通信が18日、インタビュー内容を報じた。統治評議会がイスラム法に基づく統治を敷くという。

タリバンのハシミ幹部が語った。「新政権のシステムはイスラム法に基づくことが明らかで、そこに民主主義の制度は全くないだろう」と述べた。アフガンには「民主主義の土台がない」ことが理由だと主張した。最高指導者のアクンザダ師が政権を率いるとの見通しも語った。ただ、現時点で議論は行われておらず、決定ではないという。

アフガン全土を制圧したタリバンは17日の記者会見で、イスラム法の範囲内で女性の権利を尊重するなどと表明した。融和路線を強調して国際社会からの承認を求めたが、民主主義を完全に排除すれば、国際社会の対応は厳しくなりそうだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻りました。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン