/

この記事は会員限定です

イスラエル・ハマス一定の自制 停戦1年、ガザ復興遅く

[有料会員限定]

【カイロ=久門武史】イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの停戦入りから21日で1年。ガザ復興の歩みは遅いが、交戦の発端になったエルサレムの聖地を巡る対立は、今年は互いに抑制的だ。内政事情や周辺国の圧力が一定の歯止めをかけている。

2021年5月のイスラエル軍の攻撃で全壊したガザの住戸1700戸のうち再建されたのは200戸にとどまる、とパレスチナ自治政府の公共事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン