/

ロシア1~3月GDP、3.5%増に減速 制裁響く

【イスタンブール=木寺もも子】ロシア連邦統計局は18日、2022年1~3月期の国内総生産(GDP)が前年同期比で3.5%増(速報値)になったと発表した。21年10~12月期の5%増から減速した。同国が2月24日にウクライナへの侵攻を始め、日米欧などから受けた制裁の影響が出始めたとみられる。

原油などの採掘業が8.5%増、製造業5.1%増、小売売上高3.5%増だった。

同国の22年通期のGDPを巡っては、世界銀行が4月に前年比で11.2%縮小するとの見通しを発表している。新型コロナウイルスの感染拡大が響き2.7%縮小した20年よりも大きな打撃を受ける見込み。ロシア中銀は2月時点で、22年通期の成長率が2~3%になると予測していた。

ウクライナへの侵攻を受け、日米欧などはロシアの大手銀行を決済システムから締め出す金融制裁や、ロシアからのエネルギー輸入の禁止・段階的縮小などを打ち出している。部品調達の難しさや国際的な評価、道義的な観点から、外資企業による自主的な撤退も相次ぐ。米マクドナルドは16日、ロシア事業を売却すると発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン