/

民間人殺害容疑のロシア兵、罪認める キーウでの公判で

【テヘラン=福冨隼太郎】ウクライナの首都キーウ(キエフ)の裁判所で18日、民間人の男性を殺害した罪に問われたロシア兵の公判が開かれ、被告が罪を認めた。ロイター通信などが伝えた。ウクライナ侵攻でのロシア軍の戦争犯罪に関する初の裁判で、有罪なら終身刑の可能性がある。

罪に問われたのは21歳のロシア兵、ワディム・シシマリン被告。公判で裁判官から「罪を認めるか」と聞かれ「はい」と答えた。公判には男性の妻も出席した。妻は英BBCに対し「被告のことを気の毒に思っているが、あのような犯罪については許すことができない」と語った。

同被告は侵攻開始から間もない2月28日に、ウクライナ北東部の村で62歳の非武装の民間人男性を殺害した罪に問われている。所属していた戦車部隊がウクライナ軍の攻撃を受け、他の兵士と車を盗んで移動している途中で男性と遭遇し、殺害を命じられたという。

ウクライナの検察当局は、ロシア軍による大規模な戦争犯罪の捜査を進めており、容疑者の特定を進めている。対象は1万件を超え、ベネディクトワ検事総長は「ウクライナ人に対する全ての犯罪を捜査する」と表明していた。シシマリン被告の公判は、ロシア兵の戦争犯罪を裁く初の裁判として注目を集めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン