/

この記事は会員限定です

トルコ軍、アフガン駐留継続へ 外相「新政権と交渉」

チャブシオール氏単独インタビュー

(更新) [有料会員限定]

【アンカラ=木寺もも子】トルコのチャブシオール外相は18日、日本経済新聞の取材に応じ、アフガニスタンに駐留する自国軍の撤収について「判断は時期尚早だ」と述べた。トルコはアフガンを制圧したイスラム主義組織タリバンと対話を始めており、首都カブールの空港警備継続を探る。タリバンによる政権を承認するかは新政権の発足後に検討する考えを示した。

トルコは北大西洋条約機構(NATO)の一員として、カブールの空港...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻りました。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン