/

ダイムラー、「最強」F1チームへの出資比率を半減

(更新)
メルセデスのF1チームは近年圧倒的な強さを誇っている=ロイター

【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーは18日、自動車レースの最高峰、フォーミュラ・ワン(F1)の自社チームへの出資比率を現在の60%から33.3%に減らすと発表した。新たな株主に欧州化学大手のイネオスを迎える。ダイムラーの高級車事業会社メルセデス・ベンツは本業で電気自動車(EV)への注力を鮮明にしており、その影響もあるとみられる。

メルセデスのF1チーム「メルセデスAMGペトロナス」は2014年から7年連続で総合優勝し、20年も17戦中13戦で勝利するなど圧倒的な強さを誇っている。こうしたなかで21年シーズンからイネオスとダイムラー、チームの代表を務めるトト・ヴォルフ氏の3者がそれぞれ対等な出資比率とする。出資比率変更の方法などについては明らかにしていない。メルセデスは引き続き車体やエンジンの供給を続ける。

イネオスはメルセデスと関係が深い。イネオスは四輪駆動車「グレネーディア」で自動車の生産・販売に参入する計画を持つ。その生産のためにダイムラーのフランスの工場を買収した。この工場ではイネオスがグレネーディアを21年後半から生産するほか、小型車「スマート」を受託生産することが決まっている。

F1をめぐっては10月にホンダが21年シーズンを最後に撤退することを発表。研究開発などの資源をEVなどの電動車に集中させることが背景にあった。英マクラーレンは13日、レース部門の株式の一部を米投資会社に売却したことを発表した。

ダイムラーのオラ・ケレニウス社長は10月、ホンダの発表をうけ、「バイエルン・ミュンヘンがサッカーから撤退しないのと同様に、F1をやめる理由はない」と話していた。一方で「今後3年で財務への影響は半分にする、全社よりも厳しいコストダウン目標を課している」としていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン