/

エールフランスKLM、最終赤字1275億円 20年10~12月

エールフランスKLMは新型コロナウイルス禍の打撃を受けた=ロイター

【パリ=白石透冴】仏蘭エールフランスKLMが18日発表した2020年10~12月期の連結決算は、最終損益が10億ユーロの赤字(約1275億円、前年同期は1億5500万ユーロの黒字)だった。新型コロナウイルス禍で輸送能力を約半分にするなど旅客の急減が響いた。

売上高は64%減の23億6300万ユーロだった。20年12月期通期の売上高は前の期比59%減の110億8800万ユーロ、最終損益は70億7800万ユーロ(前の期は2億9000万ユーロの黒字)の赤字だった。

仏テレビBFMによると、20年に従業員の10%に当たる8700人を削減したが、今後数年でさらに6000人の削減を検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン