/

英首相と財務相が自己隔離 規制解除直前、陽性者と接触

(更新)
ジョンソン内閣の屋台骨である首相(右)とスナク財務相が感染者との濃厚接触の疑いのため自己隔離に入る(2020年9月、首相官邸)=AP

【ロンドン=中島裕介】英国のジョンソン首相とスナク財務相は18日、同国のシステムで新型コロナウイルス感染者と接触したと通知されたため、自己隔離すると発表した。19日から英国では人口の大半を占めるイングランドでコロナ規制がほぼ撤廃される。英政府はいったん両者の隔離の必要性はないとの見解を示すなど対応が混乱しており、批判が高まっている。

ジョンソン氏は26日まで隔離する見通し。ジョンソン氏自身は昨春にコロナに感染して重症化した経験があるほか、2回のワクチン接種を終えている。内閣では18日までにジャビド保健相が検査で陽性と診断された。軽いコロナの症状も出ており、首相と財務相はジャビド氏との接触が検知されたもようだ。

ジョンソン氏は18日に自身のツイッターの動画で「(濃厚接触者の)検知システムから隔離するように求められたときは、適切な行動をとってほしい」と市民に呼びかけた。イングランドでは19日に規制が撤回された後も、濃厚接触者として検知された市民に隔離を求める措置は続く。

だが英政府は、首相らが毎日の検査や仕事以外の時間で隔離を続ければ、隔離なしでの公務が続けられるとの見解をいったん示し、後に撤回するなど対応が混乱した。「政権幹部のためだけに特別なルールがある」(最大野党・労働党)といった批判が強まったことが背景にある。1日の感染者が約5万人前後の日が続く感染急増下での規制解除は、波乱含みとなっている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン