/

この記事は会員限定です

苦境の欧州航空、気を吐くLCC株 「優勝劣敗」読む市場

ロンドン 篠崎健太(欧州株ラウンドアップ)

[有料会員限定]

欧州株の出遅れが続いている。主要国の株価指数で新型コロナウイルスの感染拡大前の水準に戻したのは、自動車や半導体といった製造業が引っ張るドイツ、オランダなど一部にとどまる。感染を抑えるためのロックダウン(都市封鎖)が長引き、サービス業の不振は深刻だ。そんな中、とりわけ厳しい航空業種で意外な回復をみせている銘柄がある。

気を吐く一社が英ロンドン市場に上場するハンガリーのウィズエアーだ。2020年11月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン