/

この記事は会員限定です

エリザベス女王が守った王室の威信 献身貫いた生涯

(更新) [有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】96歳で亡くなった英国の女王エリザベス2世に、19日の国葬に駆けつけた世界中の要人が別れを告げた。英国君主で最長の70年7カ月にわたる在位の間、女王は第2次世界大戦後の世界と英国の歴史をほぼすべて見守った。激動の時代にありながら世界に目を配りつつ、国民に献身を誓い、王室の威信を守り抜いた。

「私は戦争を率いることはできませんし、法を定めたり人を裁いたりもしません。でも、他の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

エリザベス女王死去

英国の女王エリザベス2世が2022年9月8日、滞在先の英北部スコットランドのバルモラル城で死去した。96歳だった。在位70年7カ月は歴代の同国君主で最長。第2次世界大戦後の英国史のほぼ全てを見守り、亡くなる直前まで精力的に公務をこなした。

女王は1926年、後の国王ジョージ6世の長女として生まれた。国王が52年2月に急死すると、25歳という若さで女王に即位。在位期間は世界の存命中の君主でも最長だった。6月には在位70周年を祝う祝賀行事「プラチナ・ジュビリー」が行われた。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません