/

エリザベス女王、19日国葬 各国首脳ら500人参列

【ロンドン=佐竹実】8日に96歳で死去した英国の女王エリザベス2世の国葬が19日、ロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われる。天皇、皇后両陛下やバイデン米大統領夫妻など世界の元首や首脳が参列し、在位70年を超えた君主に最後の別れを告げる。

新国王チャールズ3世(73)は18日夜に、国外から招待した参列者らのレセプションをバッキンガム宮殿で開く。天皇、皇后両陛下や各国首脳らが参加する予定だ。新国王にとっては本格的な外交デビューの場となる。

女王の国葬は19日午前11時(日本時間同午後7時)から約1時間の予定で、英王室、政府関係者ら約2000人が参列する。うち約500人は各国の元首や首脳とそのパートナーだ。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期に活躍した医療従事者や勲章を受けた人ら200人も参列する。国葬の最後に、英全土で2分間の黙とうがささげられる。

英国で開催される式典としては「第2次世界大戦以降で最大規模」(英BBC)で、英政府は厳戒態勢を敷いている。国葬中にロンドン上空を航空機が通過しないよう、発着を制限する。女王のひつぎは国葬後にロンドン郊外のウィンザー城に移動し、歴代君主や夫のフィリップ殿下が眠る聖ジョージ礼拝堂に埋葬される。

国葬までひつぎが安置されている議会議事堂には、市民の弔問が夜通しで続いている。17日未明には、待ち時間が24時間に達した。16日にはサッカーの元イングランド代表のデービッド・ベッカム氏も弔問し、市民と一緒に13時間列に並んだ。

在位70年7カ月と英国の歴代君主で最長だった女王は、旧植民地諸国を軸とする連合体の英連邦(コモンウェルス)に所属するオーストラリア、カナダなど15カ国の元首でもあった。

国連のグテレス事務総長は15日、地政学的なしがらみにとらわれず、周りに男性しかいない場で存在感を示した「熟練外交官だった」と語った。大英帝国の衰退に直面する中で各国トップと交流し、英国のソフトパワーを世界に示した存在だった。

ニューズレター

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン