/

エピックゲームズがアップルの調査要請 EUに

エピックゲームズはアップルをEU・欧州委に提訴した=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】人気ゲーム「フォートナイト」で知られる米エピックゲームズは17日、米アップルのアプリの支払いの仕組みを巡り、欧州連合(EU)の欧州委員会に対して同社を調査するよう要請したと発表した。EU競争法(独占禁止法)に違反したと主張している。

アップルはアプリ配信サービス「アップストア」で、アプリ開発者から売り上げの最大30%を徴収している。エピックはこれを問題視し、30%が高すぎることと、アップストアの利用を強制していることなどを挙げた。エピックは手数料を回避しようとして独自の課金システムを導入したが、規約違反だとしてアップストアから同社のアプリが削除された経緯もある。

エピックはすでに米国などでもアップルを訴えており、EUにも拡大した格好だ。エピックは声明で「アップルがアプリの流通と支払いプロセスでの競争を阻害しただけでなく、完全に排除した」と批判した。アップル側はこれまでアップストアの仕組みはアプリを審査し、利用者を有害なコンテンツから守るためだと説明している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン