/

ロシア選手団、東京五輪出場できず 個人は条件付き

ロシア選手団は東京五輪から除外される見通し(プーチン大統領)=ロイター

【パリ=白石透冴】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は17日、組織的なドーピングがあったとして、ロシア選手団の東京五輪・パラリンピックなどへの参加を認めないとの判断を下した。選手個人はドーピングの疑いが無いことなどを条件に参加できるが、国旗や国歌の使用は認めない。

ロシア選手団は2022年12月までの2年間、五輪などへの参加を禁じられる。22年の北京冬季五輪からも除外されることになる。

参加を認められた個人としてのロシア選手も、ユニホームに「ロシア」と合わせて「中立の選手」と英語で表記しなければいけない。ロシアはこの間、五輪などの開催地としての立候補もできなくなる。

不正に関わったとされるロシア反ドーピング機関(RUSADA)には、事実関係の調査にかかった経費として127万ドル(約1億3千万円)を世界反ドーピング機関(WADA)に支払うよう命じた。

WADAは「不正のないスポーツを世界中で実現するために重要だ」とCASの判断を歓迎した。欧州メディアによると、ロシアのオリンピック委員会幹部は「受け入れがたい」などと不満を表明した。CASはスイスにあるため、ロシアがスイスの連邦最高裁に上訴する可能性もある。

WADAは19年、ロシアのドーピング検査データに多数の改ざんがあったなどとして、ロシア選手団の主要大会への参加を4年間禁じると発表した。ロシアが異議を申し立てたため、CASが審議していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン