/

EU、米モデルナ製ワクチンを追加購入 3億回分

17日に記者会見するフォンデアライエン欧州委員長(ブリュッセル)=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は17日、新型コロナウイルスのワクチンについて、米バイオ製薬モデルナから最大3億回分を追加購入する契約を承認したと発表した。他社製もあわせ、EUは26億回分のワクチンを確保したことになるという。

今回の契約は21年に1億5千万回分を購入し、22年に残りを買えるオプション付きだ。EUではモデルナを含む3種類のワクチンの接種がすでに始まった。記者会見したフォンデアライエン欧州委員長は「すべての欧州市民ができるだけ早く安全で効果のあるワクチンを接種できるという目標に近づいた」と語った。

EUは9月半ばまでに域内の成人人口の70%にワクチンを接種する目標を掲げる。

欧州委は変異ウイルスへの対策を強化するとも発表した。EUでは感染者のうち変異ウイルスの割合が高まっている。欧州委は少なくとも7500万ユーロを変異ウイルス用の検査手法の開発などにあてる。ほかに1億5千万ユーロを使い、関係機関の研究協力を強める。

ワクチンの承認が遅いとの指摘を受け、EUの医薬品を審査する欧州医薬品庁(EMA)が迅速に手続きできるよう規制を見直す。製薬会社の生産を支援する仕組みも整える。EUの基準を満たしていれば、域外で生産したワクチンの利用も視野に入れる。EUは25~26日にオンラインで首脳会議を開き、新型コロナ対策を討議する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン