/

トルコリラ最安値 株式市場、売買一時停止

(更新)

【ウィーン=木寺もも子】外国為替市場で17日、トルコリラが一時、前日比8%安の1ドル=17リラ台を付け、史上最安値を更新した。中央銀行は12月に入ってから5度目となる直接介入を行ったが、その後も前日比7%安の水準で推移した。

トルコのエルドアン大統領は低金利による景気刺激を図っている。同氏の意向を受けた中銀は16日、主要政策金利の1週間物レポ金利を15%から14%に下げると決めた。利下げは4会合連続。年初からの対ドル下落率は5割になった。

17日は株式市場でもトルコの代表的な株価指数BIST100が前日比8%超下落し、売買が一時停止された。通貨安が進む中、株式投資で資産防衛する動きが広がり、BIST100は11月以降、今月16日までにリラベースでは5割上昇していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン