/

EU、27日にワクチン接種開始 新型コロナ

米ファイザーと独ビオンテックが開発するワクチンは、英米などですでに接種が始まっている=ロイター

【ロンドン=佐竹実】欧州連合(EU)で、新型コロナウイルスのワクチンの接種が27日に始まる見通しとなった。欧州ではクリスマス期間のさらなる感染拡大も懸念されている。英米には遅れたものの、年内に接種を始めることで対策を急ぐ。

欧州委員会のフォンデアライエン委員長が17日、ツイッターに「ヨーロッパの時が来た。27日、28日、29日にEU全体でワクチン接種が始まる」と投稿した。EUで医薬品を審査する欧州医薬品庁(EMA)は21日に会議を開き、米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンを承認する見通しだ。EUは同ワクチンを3億回分確保しており、人口に応じて加盟国に分配する。

ファイザーとビオンテックのワクチンは英国が最も早く承認し、8日に接種を始めた。米国やカナダなどでも接種が始まっている。ドイツ政府はビオンテックに資金を提供しており、国内では早期承認を求める声が強まっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン