/

帰国のロシア反体制派指導者、空港で拘束 欧米が非難

(更新)

【モスクワ=小川知世】ロシア当局が毒殺を図った疑いが持たれているロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏が17日、療養先のドイツから帰国した。当局は空港に到着直後に同氏を拘束した。プーチン政権は反政権運動への締め付けを強めており、欧米からはナワリヌイ氏の拘束に非難が相次いでいる。

ナワリヌイ氏はモスクワ郊外の空港で入国審査の際に連行された。当局は裁判所の判断が出るまで拘束すると説明した。同氏は到着後に「恐れていない。自分が正しいと知っているからだ」と記者団に語っていた。

ナワリヌイ氏が乗った飛行機は到着先の空港を急きょ変更して着陸した。到着が予定されていた空港には支持者らが集まり、治安当局が厳戒態勢を敷いた。人権団体によると、活動家や支持者ら60人以上が空港などで拘束された。

ナワリヌイ氏が到着予定の空港では警察が集まった支持者らを拘束した(17日、モスクワ郊外)=AP

背景にはナワリヌイ氏の帰国で、反体制派が勢いづくことへの政権の警戒がある。同氏は国内の反体制派で最も影響力を持ち、9月に予定する下院選での政権与党の勝利に脅威となりかねない。

司法当局は14日、ナワリヌイ氏が過去に受けた有罪判決を巡り執行猶予中の出頭を怠ったとして、拘束に向けて「あらゆる措置」を取ると発表した。昨年末には同氏が活動で集めた寄付金を詐取したとして刑事捜査を始めた。拘束を警告し、帰国を阻止する狙いがあったとみられている。

ナワリヌイ氏は13日に帰国を表明した。当局の対応は国内外で注目を集め、欧米の反発は必至だ。欧州連合(EU)のミシェル大統領やバイデン次期米政権で大統領補佐官(国家安全保障担当)に就くジェイク・サリバン氏らはツイッターで相次いでナワリヌイ氏の拘束を批判し、即時釈放を訴えた。

ナワリヌイ氏は2020年8月に国内を移動中に体調が急変し、ドイツで治療を受けた。EUはロシアが猛毒の神経剤で暗殺を図ったとして、20年10月に対ロ制裁を発動。英調査報道機関などはロシア連邦保安局(FSB)職員が事件に関わったと指摘した。ロシアは関与を否定し、同氏が米情報機関の支援を受けていると主張している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン