/

この記事は会員限定です

ベラルーシ、居座る「独裁者」 反体制派との攻防長期化

2020年 衝突の残像(6)

[有料会員限定]

旧ソ連圏のベラルーシ。8月の大統領選で現職のルカシェンコ氏の6選が発表されてから選挙不正に反発した市民らによる抗議デモが始まった。日曜に恒例となった辞任を訴えるデモは12月27日で20週目となり、ミンスクでは早朝から参加者が抗議を象徴する赤と白の旗を掲げて練り歩いた。

「最後まで国のために戦う。憲法を私物化しているとの主張を信じないで」。ベラルーシのルカシェンコ大統領は15日、視察先で言い放った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン