/

独ビオンテック、コンテナ式ワクチン工場 アフリカ輸出

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【フランクフルト=深尾幸生】新型コロナウイルスのワクチンを米ファイザーと共同開発した独ビオンテックは16日、ワクチンを比較的簡単に製造できるコンテナ式のワクチン工場を開発したと発表した。2022年後半にアフリカに出荷し、23年にも同地でワクチン生産を開始する予定だ。

「バイオンテナ」と名付けたコンテナ式ワクチン工場は、一般的な輸送用コンテナをそれぞれ6個組み合わせたモジュール2つで構成される。世界で広く使われているビオンテックとファイザーのmRNAワクチンの主要な製造工程をすべて備える。mRNAの生産や、mRNAを脂肪で包むなどの製剤といった独自のノウハウが詰まった工場をすぐに展開できる。現地のパートナー企業が容器へ封入・包装すれば、年間約5000万回分のワクチンを生産できる。

モジュールはビオンテックがコロナワクチンを製造している独西部のマールブルクで生産する。ビオンテックは利益を上乗せせず原価で販売する。まずルワンダとセネガルなどに納入する計画だ。新型コロナのワクチンだけでなく、ビオンテックが開発するマラリアや結核のmRNAワクチンも承認されれば製造できるという。

記者会見でビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は「バイオンテナの目標はワクチン製造設備のコストと時間を抑えて、アフリカに住む人々のニーズに応えることだ」と述べた。

ビオンテックやファイザー、モデルナなどコロナワクチンを開発したメーカーは21年、発展途上国へのワクチン供給を増やすために特許の放棄を政治家などから求められ、拒否した経緯がある。ビオンテックとファイザーは、22年までに低中所得国に20億回分以上を供給すると表明していた。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン