/

この記事は会員限定です

トルコ物価高でも利下げ 独立なき中銀総裁が招く通貨安

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

トルコリラの下落が止まらない。23日には1ドル=13リラ台を付け、下落幅は11月だけで3割近くなった。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ観測もくすぶるなか、軒並み値下がりする新興国通貨の中でもひときわ弱さが目立つ。強権大統領の意向を受け、型破りの金融緩和を進める中央銀行への信頼失墜が背景にある。

「この3カ月は値札の貼り替えが追い付かない」。11月中旬、家族でイスタンブール市内の食料品・日用品店を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中銀ウオッチ

「中銀ウオッチ」は、米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)、その他新興国の中央銀行の動きを分析し、政策の先行き、影響を掘り下げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン