/

英国、新規感染者5万人超 死者・重症者減で規制は解除へ

(更新)
英政府は18歳以上へのワクチン接種を急いでいる(6月19日、ロンドン)=ロイター

【ロンドン=佐竹実】英政府は16日、新型コロナウイルスの新規感染者が5万1870人だったと発表した。インド型(デルタ型)の流行で、若い人を中心に増えている。ただワクチン接種が進んだことで死者や重症者は過去の流行時のようには増えておらず、政府は19日にイングランド地方のコロナ規制を全面的に解除する予定だ。

英国の感染者は6月に入ってから増えており、5万人を超えるのは1月半ば以来。人口が2倍の日本に当てはめると1日10万人が感染している計算だ。ワクチン接種率の低い10~20代の感染が特に多い。濃厚接触者に指定されて自己隔離を求められる人も増えており、職員が出勤できずに空港が混雑するなどの影響も出ている。

1月のピーク時には1日の感染者が6万人を超え、死者は1820人に達した。だが、16日時点の死者は49人と当時のようには増えていない。入院患者数も4万人近かったピークの10分の1程度にとどまる。重症化しやすい高齢者にワクチンが行き渡ったことや、もともと重症化しづらい若者で広がっているためだ。コロナとの共生路線を進める政府は、19日にイングランドの規制を解除する予定だ。

ただ、16日の新規入院者数は717人と増加ペースが速まってきた。規制を一気に解除することへの警戒感もあり、公共交通機関などは独自にマスクの着用を義務付けるなどしている。周辺国も英国のデルタ型まん延を警戒しており、地元メディアによると、ブルガリアは英国からの旅行者らの渡航を禁じた。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン