/

バイナンス、「株式トークン」の取り扱い終了 10月で

ドイツ金融当局はバイナンスの株式トークンに法令違反の疑いを警告していた=ロイター

【ロンドン=篠崎健太】暗号資産(仮想通貨)交換業世界大手のバイナンスは16日、「株式トークン」と呼ばれる商品の取り扱いを10月14日で終えると利用者に通知した。実際の株価に連動するよう設計された証券で、4月に提供を始めたばかりだった。詳しい理由は明らかにしていないが、ドイツの金融監督当局は法令違反の疑いを警告していた。

7月16日付で販売を即時停止した。既に保有している利用者は90日後の10月14日まで売却でき、残った持ち高はその翌日に清算する。取り扱いをやめるのは「他の商品に販売の重点を移すため」だと説明している。

株式トークンは実際の株式を裏付けに組成されたデリバティブ(金融派生商品)の一種だ。バイナンスでは現在、アップル、コインベース・グローバル、マイクロソフト、マイクロストラテジー、テスラの米5社のトークンを取り扱っている。

ドイツの金融当局である連邦金融監督庁(BaFin)は4月28日、バイナンスに対し、株式トークンは金融商品規則に違反する疑いがあるとの警告を出していた。投資家への提供にあたって法令が求める目論見書を発行していないことを問題視し、制裁金が科される可能性を指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン