/

この記事は会員限定です

NATO、中国の「脅威」対抗 2030年へ新構想

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ブリュッセル=竹内康雄】北大西洋条約機構(NATO)は17日、バイデン米政権の発足後、NATOとして初の閣僚会合となる国防相理事会を開き、米欧同盟の修復へ2030年に向けた新しい改革構想の検討に入った。年内に開く首脳会議で採択をめざす。主要課題のひとつが欧州やサイバー空間、北極圏でも存在感を増す中国との対峙だ。

理事会ではストルテンベルグ事務総長が「NATO2030イニシアチブ」と題した30年ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン