/

この記事は会員限定です

ワクチン先行のイスラエル、出口見えぬコロナ対策

大規模接種1年、なお6割台

[有料会員限定]

【カイロ=久門武史】新型コロナウイルスワクチンの接種を世界有数のスピードで進めたイスラエルが、接種率の底上げに苦慮している。一時は感染の拡大を抑え経済再開や3回目の追加接種でも先行したが、今は変異ウイルスを警戒し外国人の入国を拒んでいる。大規模接種の開始から1年になる同国でも、コロナ禍との戦いは終わりが見えない。

「守りは不十分だ」。ベネット首相は19日「ワクチンは安全だ。全力でイスラエルの子ど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません