/

この記事は会員限定です

EV電池、価格上昇の足音 ドイツがリチウム産地に

EVのリアル 第2部 電池の熱狂(2)

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

電気自動車(EV)用の電池で、米テスラなどが資源の確保を急いでいる。下落を続けてきたEVのリチウムイオン電池の価格が2022年に一転、上昇する可能性が高まってきたためだ。電池はEVのコストの4割程度を占めるとされ、電池のコストダウンがEV普及のカギを握る。新興企業が地下水からリチウムを直接取り出す事業を始めたドイツでは、リチウムの一大産地に育てようとの計画も進む。

「ここ数カ月で目の当たりにしてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン