/

ノルウェー中銀が追加利上げ、0.5%に 物価上昇率5.1%

【ロンドン=篠崎健太】ノルウェー銀行(中央銀行)は16日、政策金利を0.25%引き上げて年0.50%にすると発表した。利上げはゼロ金利からの脱却を決めた9月以来3カ月ぶり。ノルウェー経済は回復を続けていると評価し、賃金上昇や輸入品の値上がりが「基調的なインフレを押し上げていく」との見通しを示した。物価安定のため金融正常化を続ける必要性を確認した。

新たな金利は17日から適用する。オルセン総裁は声明で「経済が想定に沿って推移すれば政策金利は2022年3月に引き上げられる可能性が最も高い」と述べ、さらなる利上げを予告した。欧州では新型コロナウイルスの感染者数が再び拡大しており、経済への影響を見極める考えも示した。

政策金利は今後数年間で緩やかに高まっていくとの見通しを維持した。声明文は「高水準のインフレが持続する見通しになればより速く引き上げられる可能性がある」と明記した。

ノルウェーの11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で5.1%上昇した。ノルウェー銀は「インフレの基調は目標を下回っている」と説明したが、賃金の伸びや供給制約による今後の物価高に警戒している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン