/

3月の欧州新車販売、64%増 6カ月ぶりプラス

(更新)
新型コロナウイルスの感染対策で販売店は閉鎖を余儀なくされた=ロイター

【ロンドン=佐竹実】欧州自動車工業会(ACEA)が16日に発表した2021年3月の欧州主要18カ国の新車販売台数(乗用車)は、前年同月比64%増の127万2286台だった。20年3月は欧州各国が新型コロナウイルス対策でロックダウン(都市封鎖)し販売が激減した。その反動で大きく増えた。

販売台数回復の兆しは見えるが、コロナ前の19年3月と比べると依然として約2割少ない水準だ。

前年同月でプラスとなるのは6カ月ぶり。前月に比べると約50万台増えた。国別では、最大市場のドイツが前年同月比36%増の29万2349台だった。伸び率が高かったのがイタリアで、前年同月の6倍近い16万9684台だった。

イタリアは新型コロナの感染拡大で、20年3月に他の国に先駆けて都市封鎖に踏み切っていた。フランス、スペインも前年同月の2~3倍の水準に回復した。

メーカー、グループ別では、首位の独フォルクスワーゲン(VW)の販売台数が同46%増で、シェアは23.9%と3.1ポイント下げた。2位は仏グループPSAと欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が統合して発足した欧州ステランティスで、シェアは21.8%と7.4ポイント上がった。

日本勢では、トヨタ自動車のシェアが5.4%、日産自動車が2.9%などで、いずれも韓国の現代自動車グループ(6.7%)を下回った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン