/

この記事は会員限定です

イラン核、近づく「時間切れ」 兵器級90%濃縮迫る

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎、ドバイ=岐部秀光】イランの核開発が深刻度を増している。ウランの濃縮は核爆弾の製造に必要な濃縮度90%が目前に迫る。29日に再開するイラン核合意の再建協議の難航は必至だ。イランと対立する米国やイスラエルは核合意崩壊のシナリオにも備えはじめた。

国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は22日からイランを訪れ、エスラミ原子力庁長官らと会談する。現在、IAEAの査察は極めて限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン