/

この記事は会員限定です

日韓豪などと「緊密な連携必要」 独国防政務次官 

[有料会員限定]

英仏に続き、艦船をインド太平洋に送ったドイツのジルバーホルン国防政務次官は日本経済新聞の取材に対し、東・南シナ海での情勢を念頭に「中国を巡るさまざまな問題に厳しい視線を注いでいる」と語った。そのうえで、日韓豪など民主主義国と「緊密な連携が必要」と指摘した。

ドイツ海軍のフリゲート艦は11月に日本に寄港する。海上自衛隊などとの共同訓練のほか、北朝鮮の密輸監視などに加わる。ジルバーホルン氏は「ドイツは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン