/

ドイツでの殺人は「国家テロ」独、ロシア外交官2人追放

(更新)

【ベルリン=石川潤】ドイツのベルリン上級地裁は15日、2019年にベルリンの公園で起きたジョージア人殺害事件で、被告のロシア人の男性(56)に終身刑を言い渡した。上級地裁はロシア当局の依頼による「国家テロ」だと指摘した。判決を受けて、ドイツのベーアボック外相は同日、ロシア外交官2人の追放を発表した。

上級地裁によると、殺害されたのはチェチェン出身のジョージア国籍の男性で、第2次チェチェン紛争で長年、民兵を率いてロシアと戦った人物。被告のロシア人男性は19年8月にベルリン市内の公園で白昼、被害者に背後から自転車で近づいて射殺した。ロシア当局が殺害を依頼した理由は「復讐(ふくしゅう)しかない」とした。

ベーアボック外相は同日、事件について「ドイツの法律と主権への重大な侵害だ」と指摘。在ドイツのロシア大使を呼び、外交官2人の追放を言い渡したという。現地メディアによると、ロシア大使は判決について「客観的でなく、政治的に動機づけられたものだ」とし、独ロ関係をさらに悪化させると批判した。

ドイツは8日にショルツ政権が成立したばかりだ。ロシアがウクライナ国境に兵力を集中させる中、ロシアとガスパイプライン計画を進めるドイツにも米欧各国の厳しい視線が注がれている。今回の判決は、対ロ外交を一段と難しくしそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン