/

この記事は会員限定です

小選挙区制の功罪 米の二大政党「例外的」

米英の有識者に聞く

(更新) [有料会員限定]

「懸案、単純化してしまうリスク」 英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授のパトリック・ダンリービー氏

英国では2010年以降、保守党政権が続いているものの、10年のうち7年は1党では過半数が取れずに連立政権だった。中道の自由民主党や地域政党のスコットランド民族党(SNP)など第3~4党が伸びる時期があったのが要因だ。必ずしも小選挙区制が二大政党の政策の競い合いにつながるとはいえなくなってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1829文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン