/

サウジ21年予算、歳出7%減 石油価格低迷

(更新)
21年予算を説明するサウジのジャドアーン財務相(15日、リヤド)=ロイター

【カイロ=久門武史】サウジアラビア政府は15日、2021年の予算を発表した。歳出は9900億リヤル(約27兆4千億円)で、20年実績見込みから7.3%削減。財政赤字は1410億リヤルと国内総生産(GDP)比4.9%になる。同12%に膨らんだ20年より縮小するが、石油価格の低迷がなお響く。GDPは20年が前年比3.7%減、21年は同3.2%増と予想した。

歳入は1割増の8490億リヤルを見込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で石油需要が急減した今年よりは持ち直す前提だ。20年の石油収入は歳入全体の53.5%にとどまる。サウジが主導する石油輸出国機構(OPEC)によると、20年の世界の石油需要は前年比で1割減る見通しだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン