/

ジョンソン英首相が辞任表明 不祥事相次ぎ閣僚離反

与党・保守党は党首選へ ウォレス、スナク、トラス氏ら有力

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ロンドン=中島裕介】ジョンソン英首相は7日、「新しいリーダーを選ぶプロセスを始めるべきだとの意見に同意した」と述べ辞任を表明した。首相官邸前で記者団に語った。新型コロナウイルス対策の行動規制下でのパーティー開催問題など政権の不祥事が相次いだことで、閣僚らが大量に離反し続投が困難になっていた。

ジョンソン氏は後任を選ぶ与党・保守党の党首選の日程が来週に示されると表明した。新党首の選出までは首相の職務を続ける方針も示した。ジョンソン氏は欧州連合(EU)離脱の実現などの実績を挙げ「この政権の功績を誇りに思っている」と語った。「世界最高の仕事を諦める悲しさもわかってほしい」と無念さもにじませた。

後任首相には、ウクライナ危機への対応で評価を高めるウォレス国防相や新型コロナ危機下での経済政策で評価を高めたスナク前財務相、通商政策に精通するトラス外相らが有力視されている。

新型コロナ対策の行動規制の最中に官邸などでパーティーを開いていた問題で、昨年末以降、ジョンソン政権の支持率が急降下した。7月上旬には過去に痴漢行為の苦情があった議員を党幹部に起用したことが発覚。説明が二転三転し強い批判にさらされていた。

5日に財務相と保健相の2人の重要閣僚が辞任すると、その後も副大臣級など与党議員の役職の辞任が相次いだ。7日朝までにさらに複数の閣僚が辞任。合計の辞任者は50人以上に達する異常事態となった。保守党内では6月に続く信任投票の再実施を模索する動きがあり、実現すれば不信任票が過半数に達するとみられていた。

ジョンソン氏はEUとの離脱交渉で英政界が混乱を極めていた2019年7月に、メイ前首相の辞任を受けて就任した。19年末の総選挙で大勝すると、20年1月末にはEU離脱を実現した。ただその後も英領北アイルランドを巡りEUとの摩擦が続いていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン