/

この記事は会員限定です

理念か経済か 欧州が悩む強権国家との関係

Global Economics Trends 欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

欧州連合(EU)が1989年の天安門事件以来、約30年ぶりに中国への制裁に踏み切った。中国の新疆ウイグル自治区における人権侵害を問題視した。EUはミャンマーやロシアでも強硬姿勢に傾いており、人権外交で米国のバイデン政権と歩調をあわせる。背景には欧米協調のアピールや、ドイツの選挙対策などがちらつく。強権国家に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3221文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン